トップ画像

英会話教室だと限界を

仕事のためのスキルアップとして、あるいは将来外国で働きたいといった夢のために、英会話教室に通っているという人は多いものです。 しかし今の学習方法でなかなか上達を実感できないという人も少なくないようです。それは、言語学習というものは、いわばからだの「機能」として身につけるものであり、その根本的な訓練の環境が不足しているからです。日本の日常生活を続けながら、時々英会話教室で学習しても、レッスンが終ればまた電車に乗って帰宅し、テレビをみる日常にもどります。つまり英語は、頭で学習するだけでは限界があるもので、からだに英語を浸み込ませようと考えるなら、本当の英語教育(英会話、留学)を実践することが効果的なのです。 では、本当の英語教育(英会話、留学)を受けるには、どんなアプローチが必要でしょうか。 一般によく言われていることですが、義務教育で英語を学んだはずの大人よりも、就学前の幼児のほうが、短期間で英語圏の子どもと話せるようになる傾向が高いものです。それは大人の場合、とかく知識で英語を語ろうとするのに対して、子どもの場合は英語という「音」を手がかりに、原始的な意味での意思の相互通行を確認していくからに他なりません。「しゃべれない」ことへの恐怖は、子どもにはほとんどなく、自分のしたいことと、相手の言っていることの間で考え、推し量りながら、からだと感情をいっぱいに解放して、「英語という音」を吸収しているのです。 こうした英語学習の原理的な営みは、大人にとっての効果的な英語教育(英会話、留学)を検討する上で大いに参考になります。 英語に自信がもてないという人でも、無理にでも外国に連れ出し、日本語が一切通用しない環境でひとりで過ごすことになった時に、驚くほど上達するという例は数多く聞かれます。要は、英語とは勉強である以前に、生きていくために自分の意思を伝え、相手の意思を理解するためのツールである、ということに気づくことでしょう。 ほんとうの英語教育(英会話、留学)を受ける機会は、自分から求めるならば決して少なくはありません。 必要なのは、決心すること。前に進む気持ちをもつだけで、あなたのからだが英語の音を吸収してくれることでしょう。

マンツーマンだけど、単語ばかりだ

マンツーマンの英会話学習法のメリットについては、様々なメディアでも取り上げられることがあり、とりわけ若年者にとっては効果的なもののひとつとして親しまれています。こうしたマンツーマンの英語学習に挑戦をするにあたっては、生活の中で必要な単語をしっかりとマスターすることが求められるため・・・・・続く

詳細は↓をクリック!!