トップ画像

外国人を見ると怖いと

昨今はグローバル化が進み世界の共通言語として英語の重要性が益々高まってきています。さらに、日本は観光立国の実現に向けて様々な取り組みを行っているため、今後世界中から外国人が流入し、ビジネスツールとして、また、日本の魅力を発信するために英語を話せることは必須の技能になってきます。その結果、英語ができない人は極めて不利な時代が到来します。 そのような中で、日本の英語教育は文法中心の教育に終始していたために、リーディングは相応にできるが、リスニングやスピーキングの能力が欠如した人が多いです。そのために、日本に観光に来た外国人が道に迷い困っていても、英語で会話することが怖いために案内をしようとする人を見ることが少ないです。 そんな中、日本においては小学校で英語教育が始まるなど、英語能力の改善に向けて尽力しています。しかし、このような取り組みは効果的ではありますが、まだ十分ではありません。もっとも重要なことは、教育(英会話、留学)の分野に力をいれることです。教育(英会話、留学)とは、具体的には、生の英語を聞き、また英語を巧みに操ることができる人とコミュニケーションを通じて学ぶことです。そのためには、英会話教室に通うことや留学が有効な方法です。現在もこのような教育(英会話、留学)を採用している人がいますが、将来この教育(英会話、留学)を導入する人は膨れ上がります。 英会話の良い点としては、発音や言い回しが異なる場合、通じないために、相手が指摘してくれます。また、対話を通じた学習であるために、英語独特の感覚やリズム感を身に付けることができます。また、テキストで覚えたフレーズを試すことができる環境でもありますし、テキストで疑問に思ったことを質問する機会にもなります。 英語留学の良い点としては、英語を適切に話すことができ、海外の環境にも慣れることができるために、自らの英語スキルに自信をもつことができます。この自信が今日のグローバルな人材を求める企業の思考と合致して、就職活動も成功することが可能になります。

萎縮して知っているけど話さない

日本人が海外に出た時に本当に苦労するのが英語力です。学校の授業で長い年月をかけて英語を学んでいるにもかかわらず、大抵の人は英語が話せないようです。それは日本人という性格、性質的なものからきてることが多いですね。難しい単語を知っていたり、TOEICなどのテストでは高得点を取れるという人が・・・・・続く

詳細は↓をクリック!!