トップ画像

萎縮して知っているけど話さない

日本人が海外に出た時に本当に苦労するのが英語力です。学校の授業で長い年月をかけて英語を学んでいるにもかかわらず、大抵の人は英語が話せないようです。それは日本人という性格、性質的なものからきてることが多いですね。難しい単語を知っていたり、TOEICなどのテストでは高得点を取れるという人が多い日本人ですが、会話となるとサッパリだというのが特徴です。それは、萎縮して話さないというのが最大の原因です。間違えたらどうしよう、これで合っているかな、通じるかななどと頭で難しく考えすぎてしまい会話のタイミングを逃したり、笑われたらどうしようなどという恐怖心や羞恥心から一向に話せなくなってしまうのです。教育(英会話、留学)をいくら経験してもやはり自分次第なのです。日本から一歩も出た事がなく独学の人でも綺麗な英語を話す人はいます。教育(英会話、留学)だけが全てではないという事を知り、自分の英語力に自信を持ちドンドン話しましょう。そうすれば必ず会話の苦手意識から解放されますよ。