トップ画像

単語でも話せなくなるね

小学校、中学校、高校、そして大学で学ぶ機会がある「英語」は、長期間にわたって学んだにも関わらず、いざ話そうとすると単語すら出てこなくなることがよくあります。単語や文法、語法の知識は頭に入っているのに、いざ英語を話そうとすると、まるで言葉が出てこない、という経験をした人は多いと思います。英語に限らず、全ての言語はどんどん「喋る」ことで、スムーズに話すことが出来るようになります。日本語を話す時に文法や語法を意識せずに話しているように、英語も文法や語法を意識することなく話せるようになれば良いのです。そのためには、効果的な教育(英会話、留学)を通じて、本当に使える「英語力」を身につける必要があります。現に、教育(英会話、留学)の現場では、実際に英語を使う時に重要な「話す」ことに教育の重点が置かれます。はじめはなかなか思うように言葉が出てこないかもしれませんが、だんだんと練習していくうちに慣れていき、気が付くと自然な英語を話せるようになっているのです。単語や文法の勉強はもちろん大事ですが、それ以上に「話す」ことを重要視することが、本当に使える英語力を身につける近道なのです。