トップ画像

上達の近道は話していくことか

語学の教育(英会話、留学)において上達するための近道は話すことにあります。 日本では中学から英語教育が始まります。高校まで行く人なら必ず6年間は英語を習うはずですが、日常会話すらできないレベルの方も少なくありません。 それもそのはずです。 日本の英語教育は大学受験に必要な英語の知識を学ぶ目的であり実践的に使える英語を学ぶわけではないからです。 また実践をすることもほとんどありません。そのために文法はしっかりとできるものの話せないのです。 上達するのにいいのは会話をすることですが一番手っ取り早いのは留学をすることでしょう。 教育(英会話、留学)のために海外に行く方も少なくありません。 日常生活では必ず話すことが大事になります。 元々あまり英語に堪能ではなくても暮らしているうちに段々と英語耳になっていき、人の言うことが分かるようになるのです。また本当に使える英語も身に着けられます。 留学をするとかなり英語力がつきますので短期間でもするといいでしょう。 しかし事情があって留学のできない方もいらっしゃいます。 その場合は英語カフェに行くのもいいでしょう。これは最近教育(英会話、留学)で人気なのですが、お茶やお菓子を食べながら英語を母国語とする外国人と話をするというものです。 いきなり話をするのに抵抗のある方も多いかもしれませんが、初心者用のテーブルもあれば上級者向けのテーブルもあるので自分の習熟度に合わせて選べます。 また海外のネイティブススピーカーの方からネット回線を使ったチャット英会話もありますので忙しい方はこちらを使うといいでしょう。 実践で話すことができ英会話も身に付きやすくなります。 そしてもう一つ教育(英会話、留学)なのは恥ずかしがらないことです。 間違った文法で話してしまうと恥ずかしいと思い、なかなか外国の方と話せない方も多いのですが日本人ですので間違えて当たり前だと思ってください。 堂々と話をしなければ身につかないのです。

英語を使わないとしゃべれないのが自然

外で数年生活した子供でさえも、日本に帰国して英語を使わない環境に置かれると、ある日気づいたら喋れなくなっていても自然です。言語は使わないと残念ながらその使用能力が落ちてしまいます。高度な英語教育(英会話、留学)を受けた人でも、喋る機会がなければ、忘れてしまうのは簡単です。まるで反射神経のように・・・・・続く

詳細は↓をクリック!!