トップ画像

英語を使わないとしゃべれないのが自然

海外で数年生活した子供でさえも、日本に帰国して英語を使わない環境に置かれると、ある日気づいたら喋れなくなっていても自然です。言語は使わないと残念ながらその使用能力が落ちてしまいます。高度な英語教育(英会話、留学)を受けた人でも、喋る機会がなければ、忘れてしまうのは簡単です。まるで反射神経のように、使わないと機能が低下してしまいます。 また、どれだけ単語や文法を学んで基礎能力をつけても、同時に使用能力を鍛えることはできません。中学校の授業で基礎能力は十分ついていますから、とにかくしゃべりましょう。教育(英会話、留学)を通じて喋る機会を得られれば、その使用能力を高めることができます。海外に行けなくても、英会話教室、サークル、友達等、英語を使う環境に、積極的に入って会話をつづければ、いつかきっと喋れるようになるでしょう。基礎能力のある人ならなおさら、会話の機会を増やすことによって、その能力をさらに開花させることができるはずです。